人それぞれの
「成長」を追いかける。

個々のチャレンジや成長を全力フォロー。未経験でも躊躇する必要は全くなし。

2021.09.24

グラスト(以下、GRUST)では業界経験の有無問わず、様々なバックグラウンドを持ったメンバーがゼロからスタートし、キャリアアップを目指していける成長環境があります。

「家庭と仕事の両立をしたかった」そう語るのは、オフィスサポート事業部 大阪支社で営業職を務める西。今回は、業界未経験の西がなぜGRUSTへ転職したのか、彼の目にGRUSTはどう映っているのか、またGRUSTの成長環境について語ってもらいました。


自分の裁量で働ける環境だからこそ、家庭と仕事の両立ができる

―― あらためて西さんのこれまでのキャリア遍歴、そしてGRUSTに入社するに至った経緯を教えて下さい。

もともと二十歳で専門学校を卒業後、飲食業界に勤めていました。その後、結婚を機にブライダルジュエリーの営業職へ転職。7年間勤めまして副店長にも任されたりしたのですが、仕事柄フレキシブルな勤務形態であったため、子どもとの時間も取りづらく、家庭と仕事の両立に悩んでいました。

そこで仕事とプライベートメリハリをつけながら、法人営業で自分のキャリアを積んで行きたいと思って転職活動を開始。転職エージェントから「勢いがあり、キャリアアップできる環境がある」と紹介してもらったのが、GRUSTでした。

GRUSTのサイトなどを見て、はじめはざっくりと「みんな生き生きとしていて、楽しそうな会社だな」と思ったのが第一印象でした。そして実際に面接を受けてみると、面接してくれたマネージャーがとても魅力的な方で。まず自分と同世代にも関わらず、すでにマネージャーとして活躍されていて、さらに鼓舞されるようなお話にとても刺激を受けました。

そしてこれはひとつの縁だと感じ、他社の面接は受けず、そのままGRUSTに入社することに決めました。


―― 実際にGRUSTに入社してみて、どのように感じられましたか?

入社前とのギャップというのはありません。メリハリをつけて働けることはもちろん、1日の仕事も頑張りたいときは頑張れますし、今日はここまでと決めたらそこで終わりにできたりと、自分の裁量で働ける環境です。

そして、一人ひとりのやりたいという気持ちを尊重してくれる会社だなと感じています。たとえば何かチャレンジしてみたいことがあったときに、それを上司や先輩に伝えると、そのためにはどうすればいいのか道筋を一緒になって考えてくれます。

そうした個々のチャレンジを応援して、サポートしてくれるのはGRUSTの良さだなと思っています。

また、1on1面接時に「コツコツとやりたいのか、それとも失敗してもいいから勢いを持ってやりたいか」と聞かれて、勢いよくやりたいと答えたところ、新人であるにも関わらず、大阪拠点にとって重要なクライアントを任せてもらえて。

もちろん、法人営業は未経験でしたから、メール対応ひとつとっても言葉遣いであったり、どう返信すべきかといったことを指導してもらいつつある状態ではありますが、それでも任せてもらえたのはとても嬉しく思いました。

―― GRUSTには、どういった上司、先輩が多いと感じられていますか?

本当にみなさん優しい方ばかりで、忙しそうにしている先輩でも、相談すれば手を止めて教えてくれます。だからこそ、不安なことがあってもすぐに相談しようと思えますし、自分ひとりで抱え込んでしまって大きなトラブルを起こしてしまうといったことも起こりづらいなと思っています。

もちろん失敗してしまうこともあるのですが、「反省はしてほしいけど、上がなんとかするから大丈夫。そういうときはオレに相談しろ」と言ってもらえて、とても心強かったのを覚えています。


誰ひとり「仕事だから、やって当然」とは思っていない。日々感謝の言葉が飛び交う職場

―― GRUSTのどういったところが、キャリアアップを目指す上で良いなと感じられていますか?

まずGRUSTは業界経験の有無に関係なく、みなゼロからスタート。そして結果を出せばキャリアアップしていくチャンスを与えてくれるので、誰でも平等に上を目指せるというのは良いなと感じています。

また、人事考課では事前に匿名でメンバーがコメントを添えて点数をつけていくんですね。そしてそのコメントを本人は見ることができるのですが、普通であれば思っていても言ってもらえないことだったり、良いことも改善すべきこともコメントいただけるため、自身の行動を客観的に振り返れる機会があるのは大きいなと。

「西さんがいることで職場が明るくなる」とコメントをもらえたときは嬉しかったですね。もちろん改善点は素直に受け止め、直していかないといけませんし、自分が思っていた点数と実際の点数の結果が違えば、その差が「次こそは」と大きなモチベーションに繋がっていきます。

そして、月に一度上長との面談の機会があるのですが、毎回やる気にさせられる言葉をかけてもらえるんですよ。もともと早くキャリアアップしていきたいと伝えていたため、「そのためにはこう行動すべきだ」と具体的にどう行動に落とし込むべきかを伝えてくれるからこそ、向上心があればキャリアアップしやすい環境だと思います。

―― その他、どういったところにGRUSTの良さを感じられていますか?

誰かに何かを依頼するときにも、「仕事だから、やってもらうのは当然」といった雰囲気ではなく、「やってくれて、ありがとう」と感謝の言葉が飛び交う職場であるというのが、とても良いなと思いますし、本当にみなさん良い方ばかりなので、この人たちの力になりたいと常に思える環境です。

あとは、普通に楽しいんですよね(笑)。みんなポジティブな方たちばかりで、ちょっとしたプライベートの会話でも盛り上がりますし、オフの日も一緒に遊びたいなと思えるような人たちが集まっていて。

会社によっては「仕事だけの付き合いでいい」といった雰囲気の職場もあると思うのですが、GRUSTは仕事でもプライベートでも付き合いたいと思える楽しい方たちばかりだと感じています。


―― 西さんはベストキャリア新人賞を受賞されたそうですが、入社されてからどういったことを意識して取り組まれてきたのでしょうか?

どれも当たり前のことではあるのですが、まずは私に任せてもらえるよう、自信を持って日々仕事に取り組むということです。やはり、コーディネーターの方からしたら「この人に任せたら不安だ」とか「このスタッフ候補者は彼に任せるのは大変そう」などと思われてしまうのは良くないと思うんですね。

そのため、私自身が不安な様子を見せてしまってはダメだなと思っています。

また、素直であることも意識しています。ミスを起こしてしまったときも、しっかりと素直に事実を受け止め、次にミスを起こさないようどうすべきかを考えること。そうしたことを愚直に意識してきたことが、ベストキャリア新人賞に繋がったのかなと考えています。

こうなりたいと思える人がたくさんいる。未経験だからと躊躇する必要はまったくない

―― 実際にGRUSTに入社して、家庭と仕事の両立はいかがですか?

いままでは妻に子育てを任せっきりで、子どもと一緒に過ごす時間もあまりなかったのですが、いまでは土日に子どもと過ごせるようになり、子どもとの時間が何倍にもなりました。

そして平日も、日によっては家族が寝る時間に一緒に寝ることができたり、子どもをお風呂に入れる時間ができたりするようになったんですね。

妻も自分時間がつくれるようになってヨガに通うようになったりと、とても充実した生活を送ることができています。


―― あらためて、西さんにとってGRUSTはどんな会社ですか?

夢がある会社だなと思っています。自身のキャリアアップをまわりがサポートしてくれますし、若くして役職に就いている方がいたり、GRUST自体も拠点を拡大していったりと、身の回りに成長を感じることが非常に多いんですね。

「こういう人になりたい」と思えるようなロールモデルの方もたくさん。会社も個人も成長し続ける環境だからこそ、私自身も視座高く仕事に取り組めていて。ゆくゆくは拠点責任者となれるよう頑張っていきたいと思っています。


―― 最後に求職者の方へメッセージをお願いいたします。

GRUSTは、どんな方でも受け入れてくれる会社です。業界未経験だからと躊躇しているのであれば、そんな必要はまったくありません。「キャリアアップしていきたい」といったやる気があれば、未経験であってもまわりがフォローしてくれるので大丈夫です。

私自身、業界未経験でやっていけているのは、まわりの方々のおかげ。頑張りたいという気持ちをまわりの方々も尊重してサポートしてくれますし、しっかりと結果を評価して、キャリアアップしていける環境です。そういった環境でチャレンジしたい方は、ぜひ一緒に頑張りましょう!




SHARE

RECOMMEND

JOB INFORMATION